MENU

学生でもモビットの審査を通過できるの?

最近の学生は一昔前と比べて生活するのにお金がかかることが多いです。特に大学生で親から仕送りをもらっている場合は、次の仕送りがまだまだ先なのにお金が無いという状況になることがあるかもしれません。学生でもモビットを利用することはできるのでしょうか?今回は学生はモビットの審査を通過することができるのかどうか見ていきたいと思います。


モビットの公式ホームページの貸付条件を見てみると、「満年齢20才〜69才の安定した収入のある方(モビット基準を満たす方)アルバイト、パート、自営業の方も利用可能です。」とあります。つまりまず年齢が関係していることが分かります。満20歳以上という事なので、中高生はもちろん申し込めませんが、大学生であっても20歳以上でなければ利用できないという事が分かります。しかし、アルバイト、パート、自営業の方は利用可と記載されていますが、学生についてはなにも言及されていません。また、モビットの公式ホームページの中にも学生ローンのようなサービスが提供されてもいませんが、逆に学生の利用が禁止されているという記載もされていません。つまり、貸付条件に書かれている事柄以外は実際に審査に申し込んでみないと分からないという事です。先ほどの貸付条件では年齢以外に「安定した収入がある方」という一文がありました。これはどういう事なのでしょうか?アルバイトやパートなどで定期的な収入があるかどうかという事が審査されます。収入額ももちろんある程度必要ですが、重要なのは勤続年数です。アルバイトを始めたばかりとか数カ月だと審査を通過することが難しい時があるようです。また、定期的という事も重要です。数カ月に一度ではなく毎月給与があることが大切なようです。ですから短期のアルバイトなどでは審査を通過することはできないでしょう。
限度額はどうでしょうか?大抵の場合学生であれば10万円、30万円、50万円のいずれかの額が設定されるようです。しかし、これは総量規制により異なります。総量規制とは貸金業法の規制の一つで、利用者は年収の3分の1を超える貸し付けを受けることができません。ですから学生のアルバイトで年収100万円位であれば、融資の限度額も30万円程になります。利用の際、親バレしたくなければ、申し込みの際連絡先を自分の携帯電話にしたり、契約書やモビットカードの受け取りを自動契約機にすることにより、モビットからの電話連絡や郵送物で親にバレるという事はないでしょう。いずれにしても20歳以上で定期収入があれば申し込むことができ、審査に通ることも十分期待できるでしょう。

アルバイトやパートでもモビットの審査を通過できるの?

三井住友銀行グループの一つであるモビットはとても便利そうだけど、結局のところ正社員でなければ利用できないと思っている方は多いようです。ではアルバイトやパートの方はモビットの審査を通過することができないのでしょうか?
まずはアルバイトやパートの方が審査で不利なのかどうか考える前に、モビットの審査に通過できない人がどんな人なのかを見てみましょう。
通過しない人の特徴を挙げていくと、

・安定した収入が無いこと
・過去数年間に金融事故を起こしたことがある
・モビットの返済を肩代わりしてもらったことがある
・他の貸金業者からの借入が5件以上ある
・すでに総量規制の対象(年収の3分の1)になるほどの借入総額になっている
・モビットの申込時に記入した情報が正しいか確認できない
・産休・育休などの理由のために休職状態である

などの条件のうちどれかに当てはまってしまう場合は、雇用形態に関わらず審査に落ちてしまいます。
ではアルバイトやパートの方の利用ができるかどうかについて見ていきましょう。モビットの公式ホームページの貸付条件を見てみると、「満年齢20才〜69才の安定した収入のある方(モビットの基準を満たす方)アルバイト、パート、自営業の方も利用可能です。」という記載があります。つまり冒頭に述べた条件に当てはまらなければ、アルバイトやパートであっても審査を通過できる可能性は十分にあると言えます。しかし、アルバイトやパートでも申込者の年齢によって有利・不利が出てくることがあります。年齢が若いほうが将来正社員になる可能性が高いですし、もし失業したとしても次の仕事をすぐに見つけられる可能性が高いからです。さらにアルバイトやパートでも勤続年数が長いほうが審査には有利です。特に5年以上の勤続年数があると審査で有利になると言われています。さらに勤続年数で見ていくと、ある程度の年齢になっているのにアルバイトでの勤続年数が短い(数カ月単位など)と審査ではマイナスになってしまうようです。このような場合には審査でヒアリングがあり、これまでどんな仕事をしてきたのか等確認されることがあります。モビットが心配しているのは、今のアルバイトもまたすぐにやめてしまうのでは?という点です。ある程度の年齢になってくると再就職先を見つけるのにも時間がかかりますし、そうなると返済が滞ってしまう結果になってしまうからです。しかし、前職が同じような内容の仕事だった場合は転職(引き抜き)とみなされてマイナス査定にはならないと言われています。

モビットはアルバイトやフリーターでも借りられるの?

モビットを利用することのできる人は正社員だけなのでしょうか?モビットの公式ホームページを見ると貸付条件には「満年齢20才〜69才の安定した収入のある方(モビットを満たす方)。アルバイト、パート、自営業の方も利用可能です。」とあります。ですからアルバイトをしている方でもモビットを利用することができます。しかし、安定した収入がある事が条件に挙がっています。モビットの言う安定した収入とはどのようなものなのでしょうか?これは毎月きちんと給与がある事を示しているようです。ですから短期や日雇いのアルバイトでは、安定した収入があるとはみなされない可能性が高いので申し込みの時には注意しましょう。また、短期や日雇いのアルバイトではなくても勤続年数が短いと審査ではデメリットになってしまいます。勤続年数は1年以上ある事が望ましいとされています。少なくとも6カ月以上の勤続年数が必要とされています。また、他社借入金額や件数が多いと審査に落ちてしまうようです。他社借入金額についてもう少し詳しく言えば、これには総量規制が関係しています。これは貸金業法の一つで、貸金業者は利用者の年収の3分の1を超える貸し付けを行うことができません。ですからモビット以外に借り入れをしていて高額の場合、この規制に関係していないかどうか計算してみると良いでしょう。また借入件数が3件以内であれば審査に通る可能性があるようですが、4件以上ある場合は落とされてしまうようです。現在の利用件数も確認してからモビットに申し込むと良いでしょう。

主婦はモビットの利用ができないの?

主婦であっても急な出費がある事があります。例えば冠婚葬祭が急に入ったり、ママ友とのランチが立て続けに入ったりするとお金がピンチになる事があるでしょう。そのような時にモビットで借り入れできればとても便利で助かるのではないでしょうか?しかし、最近よく聞くようになったのは消費者金融が主婦に融資をしてくれなくなったという噂です。これは事実なのでしょうか?今回は主婦がモビットの利用をすることができるのか見ていきましょう。
まず主婦が消費者金融を利用できないという噂がなぜ出回ったのかというと、2010年に貸金業法が改正された影響があると言われています。この年から総量規制が徹底されるようになり、これにより利用者は年収の3分の1を超える借り入れが出来なくなりました。専業主婦の場合仕事による給与が無いため年収は0円になり、貸付可能額は0円という事になります。配偶者貸付という制度がある金融業者もあるようですが、消費者金融の中ではあまり見かけないサービスで、これの利用も期待できないようです。それで専業主婦の方は残念ながらモビットの申し込みをすることができません。
では、アルバイトやパートをしている主婦の場合はどうなのでしょうか?モビットの公式ホームページの貸付条件を見てみましょう。ここには「満年齢20才〜69才の安定した収入のある方(モビットの基準を満たす方)。アルバイト、パート、自営業の方も利用可能です。」と書かれています。つまり、主婦であってもアルバイトやパートをしているのであれば、モビットの申し込みをすることができるという事が分かります。では、アルバイトなどをしていれば誰でも利用できるのでしょうか?そうではないようです。先ほどの貸付条件には「安定した収入」が条件に挙げられていました。つまり、短期や日雇いのアルバイトではこの条件を満たすことができないのです。安定した収入には、毎月きちんと給与がある事が関係しているので、数カ月に一度給与があるなどでは審査を通過することはとても難しいでしょう。また、アルバイト等を始めたばかりでは「勤続年数」が不足している可能性があります。モビットなどの消費者金融では勤続年数が1年未満の場合、審査に不利な影響を及ぼします。最低でも6カ月以上の勤続年数がないと審査を通過することを期待することはできません。もしまだ働き始めて間もないようならばこの実績が作られるまで申し込みは控えたほうが良いでしょう。できれば1年待ってから申し込めば、モビットの審査を通過して用することのできる可能性は高まります。